RageQuitter

・使わない英文集 その2
「Last boss's voice in Stoneheight sounds like Takata founder of Japanet-Takata.」
Stoneheightのラスボスの声はジャパネットたかたの社長の声に似ている。

---
RageQuitter:戦中に自分が死に続けたり悪いことが起きるとキレて何も言わず落ちる人の事を言う

まあ以前書いたdps重視なHunterさんのことなんですけどね。
今日はKin memberでSilent Street t2cに行こうということになったらしい。
らしい、というのは例の毒舌RKから私も誘われたんですが、
どう見ても他に行きたそうなメンバーがいそうなので遠慮しました。

というか↑のHunterさんも行く、と張り切っていたので一歩引いたのも事実です。
死なせたらろくな事にならない奴が二人いるところでHealerとか絶対やりたくないですからね…
私はAllyで募集があった「4人でDoS T2C」の方に行ってきました。

少ししてから案の定、Hunterさんが突然ログアウトしていました。
予想通りすぎる。
流石に少人数でなくKin member6人揃ってたらそんなことはしないかなとか思ってたら
普通にやってた。すごいダメ人間な感じだな…

ちょっとHealerをやっている毒舌君が流石に可哀想になってきたので
「あのHunterさんはまたrage quitしたんか?」と聞いてみました所、
「なぜわかる」
といわれました。わかるわそんなもん。
「HealしろHealしろとものすっごい言われまくった」
それもわかるわ。

メンバーがWDN、heal RK、dps WDN(後から入った)...
たぶんこの人達はT2Cでも耐えられるようにmitigationもMoralも上げている。
LM/CPT/HNT/CHN←何度か入れ替わり立ち替わりしていたが、
たぶん色々防御的に足りてない。別にそれで挑戦したいというのは良いのだけれど、
なぜ事前に何が必要かを自分で調べないのだろうか。といつも思う。
自分は他の人と比べて死にやすいなあ…とか思わないのだろうか…。
私も面倒くさがりなのであまり大きなことは言えないんですが。

思うに、pugを殆どやってないから他人との比較が出来ずにわからないんじゃ…という気がしないでもない。
Kinの人たちだけで組んでいたらそんな罵られることも無いでしょうしね…。
わたくしなど以前、pugで肥溜めのうんこ的な呼ばれ方をされたおもひでがあるというのに。
何言われたかわからなくて、後で意味調べたらうんこだった、っていうね。
いわば、追いうんこでした。

結局SS T2Cはクリア出来なかったらしく、後でみんなTurbineにぼろくそ文句を言っておりました。
後から募集して参加してきたCHNのMoralが20k以下できつかった…とか言っておりましたが、
そういう事を気にするのなら、参加していたKin memberの人などは
おそらくmitigationなどひどく低いのではないかと思いますし、
あまり人のことは言えないのではなかろうか…

結局、方向性が一貫してないから文句が出るわけですやね。
ステータスとかこまけぇこたぁどうでもいいからとりあえず勢いで挑戦してみようぜ、
というノリならそれはそれでそのままガーッと行って「いけた!」「やっぱダメだった!」で終わるべきだし、
完全にクリアを目的にするならもっと事前に必要なステータスややり方を
調べておけばいいんでないのかと思いますし。

ただ、このKinshipはそういう高難易度instanceを攻略しよう!なKinshipではなかったはずなんですが…。

どっちかいうと前者のとりあえずノリでやってみよう、或いはまあ別にTier1でいいじゃん、
という雰囲気だった気がします。
たまにKinshipで難易度の高いinstanceに挑戦する、というのは良いんですが、
何で失敗するんだよ、とカリカリしながらやっているのなら、
何か違ってきてないか、という気がしてならない。

そしてこれはちょっと自意識過剰なのかもしれませんが、
ヘタしたらそれは私がこのKinshipに入ったせいではないか?と最近思っています。

私はTier2 instanceなどに参加してみたい時は事前に調べてpugに参加していました。
このKinshipは当時、そういう事をちょくちょくやる(やりたがる)所ではなかったからです。
しかし
この毒舌RKは私と同じRKな為か、かなり対抗意識を持っていますので、
Kin内で自分も同じことをやったるぞ!(=この方はpugには全く参加しない人なので…)
と考えるようになってきて、今のこんな状態になってるんじゃないのかしら。と。
考え過ぎかもしれませんが…。

個人的に一番気になるのは、Kinship内でどうしても
「行ける人と行けない人と出てくる」という状態が非常に私にはなんか苦痛なんですよね。
これまた日本人的な感覚なのかもしれませんが。


しかし新raidの象に関してはTurbineにいくらでも文句言いまくっていい気もする。(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

わたくしなどは、ステータス関連にそこまで理解度が高いわけでもないのですが、
ただそれでもさすがに
一個たりともmitigation系essenceが入ってなかったり
というかたまにMoralすら一個たりとも入ってなかったりする剛の者に出会うと、

「よくぞここまで無事で参られた…!」と逆に感嘆します。(笑)

えーっと・・・

アクトがまったく高くない私が
偉そうに言う立場ではないのは重々承知していますが・・・

>>個人的に一番気になるのは、Kinship内でどうしても
「行ける人と行けない人と出てくる」という状態が非常に私にはなんか苦痛なんですよね。

「行ける人」=t2用防具等をきちんと考えて装備している人
「行けない人」=t1装備な人(ようは防具等に無頓着なのに
(ノリで?)t2行ってみたいだけのかんじの人

こんなかんじの括りでだいたい合ってますでしょうか?


あそこはレイド・キンシップではないんですから
そこまで求めるのは難しいですよね。
(防具ステータス等・・・)

Pugでt2インスタンス等によく参加している人って
きりさん以外にリーダーと、あとはオフィサーのmini/champくらいなのかな?他にも多数いるのでしょうかね。

まぁt2に興味持ってやりたい人はやるべきだと思うのよね。
ただ、上に書いたとおりレイド・キンシップではなく
以前言ったように、かなーりのゆるい感じの
カジュアル・キンシップですから
(rct2何それ?って言っていた方もいたし)
方向性が同じほうへ向くというのは難しいね。

方向性が同じってことは、切磋琢磨してインスタンス等を
攻略していくっていう意味合いに近いですよね?
防具&ステータス等を整えて。

しかし復帰某rkは Thorns of Telperionで主催されているような
Alliance Eventくらい参加すればいいのに。
Pugではないですし。
まぁ、参加しているのかもしれないけれど・・・。
(よく分かりませんけれど)

Re: えーっと・・・

行きたいけど防具ステータスなどまだ揃ってないし…という感じの人達にとって
Kinship chatで高難易度なinstanceやら防具を手に入れたやらの話ばっかり延々されてても
それは微妙にフラストレーションが溜まるのではないか…という気がするのでございます。
気にしない人もいるとは思いますが…。

> 方向性が同じってことは、切磋琢磨してインスタンス等を
> 攻略していくっていう意味合いに近いですよね?

instance後、あいつがMoralが20k以下だから厳しかったとかなんとか、
復帰RK君が後々、ネチネチブツブツ文句言っていたのですが(笑)、

出来なくってもいいから、まあ、やってみようぜ!っていう気持ちでやれないんだったら
もう彼自身でリードして、ガッチガチにt2 instanceでの要求事項を設定した上で
開催したらいいんでないかしら、と。

でもここはそういうKinshipじゃなかったような…、と思うのです。


すごいまとめると、
失敗したからって終わった後に文句言うなよRK君、という事であります。

ちなみに私が参加していると、私へのネチネチはたぶん三割増しで来ます。(笑)