Never Surrender

同じKinshipの人ではないのですが、最近よくpugで一緒に遊ぶWardenさんがいます。
彼の名前をC君としておきます。

最初に彼と出会ったのはRuined City(Tier2)というインスタンスのpug募集で、
Healerを募集していたので参加してみたのですが何もかもがボロボロでした。
死にまくりのボロボロでしたけれども、彼のいい所は全くめげない事と、
愚痴っぽいことや失敗した人への文句等は一切言わない所でして、
いや、っていうかむしろ言われる側だったような気もしましたが、それは置いといて、
C君自体がなんだか面白いので結構長いこと遊んでおりました。

Ruined City(Tier2)というのは時間短縮の為にBossの所までは敵を連れたまま走る(Run)、
というやり方がほとんどなのですが、C君はこれで吐くほど何回も死んだ為、
Bossだけは飛ばすが途中の雑魚敵は全て処理するという、
「Run」とは断言できない何とも言えないよくわからない攻略法を編み出しました。
多少時間はかかってますが、私はこのやり方は嫌いではありません。
急がば回れというやつですね。
回るといえばこのRuined Cityで、C君は敵を引き連れたまま突然ぐりんと回って方向を変え、
中ボスのTrollに突っ込んで死んだ事もあります。
(※Ruined Cityの中ボスのTrollにオークを連れて突っ込んでしまうと、
Trollが起きて戦闘が始まってしまいます)
私は大爆笑しましたが、dpsの人はそっとFellowshipを抜けていきました。苦い思い出です。

そんなC君ですが、Ruined Cityを何度か一緒にやっているうちに何かに目覚めたのでしょうか、
最近ではかなり安定して最後のボスを討伐できるようになりました。

いずれ修正されるとは思うのですが、現状Ruined Cityの最後のボスでは、
一旦誰かがボスに殺されて死んでリセットをしないと雑魚mobが延々と沸く
という謎仕様になっているため、誰かが一度、ボスの所で死なないと行けません。

C君(Tank)、私(Healer)、dps、であればdpsの方に一人で死んで貰うのですが、
その時にC君がよく「I can't,never surrender」とか言うのです。
俺は死ねねぇ、降伏するわけにはいかねぇんだ…!!

160208-1.png

松岡修造的な熱いキャラクター設定のロールプレイかなとか勝手に思ってたんですが、
(言いそうな感じではあったので…)
毎回言うのもなんかおかしいなと今日は思いまして、ちょっと調べてみましたら、
Wardenのskillで「Never Surrender」ってのがあるんですね。

160208-2.png

これ使っちゃってるから自分は今は死に役は出来ないよ、とかいう意味だったんですね。
もう一度言いますが言いそうな感じの人なのでロールプレイかと思いました。

そんな熱い男・C君が最近you tubeに自分のLotROプレイ動画をアップしたようでして。
ゲーム動画の内容は録画のテストとしてアップしたようなものだったのですが、
C君は動画ツールなどという軟弱なものは一切使わず、
ホームビデオか何かで自分がゲームしてるモニタを撮影していました。
C君、他のLotROのyoutube動画とか見てみ。手ブレしてるゲーム動画ってあんまり無いよ。

彼はこの世に舞い降りたデジタルへの反逆児なのかもしれません。
スポンサーサイト